e-Project

電子書籍詳細情報

鶯を呼ぶ少年

日下 圭介

内容

ウグイスの声が導いたものは、森の中に隠された男の死体


「正夫に死体の話をしたのは、あくまで、でまかせでした。正夫が、あの山に登るのが恐ろしかった。山には忌わしい記憶があるのです。私と、正夫の母の…」あの山には近寄ってはいけない。特に、稲荷神社の祠には。あそこには“秘密”が埋められているから…。(「鶯を呼ぶ少年」より)
 第35回日本推理作家協会賞短編部門を受賞した表題作の他、物悲しくも美しい珠玉のミステリ短編7本を収録。

*鶯を呼ぶ少年
*死はゆるやかに
*時には草色の血
*目撃者
*紅皿欠皿
*誘拐
*波がうたった死の詩

●日下圭介(くさか・けいすけ)
1940年和歌山県生まれ。早稲田大学第一商学部卒。1965年朝日新聞社に入社。1975年『蝶たちは今…』で第21回江戸川乱歩賞を受賞。1982年『鶯を呼ぶ少年』『木に登る犬』で日本推理作家協会賞・短編賞を受賞。その後作家活動に専念し、『黄金機関車を狙え』などの近代史ミステリーで新境地を開く。

出版アドレナライズ

この電子書籍が買えるストア

  • 鶯を呼ぶ少年

    -

    Kindleストアで購入する

関連書籍

  • 偶然かしら

  • 名前のない死体

  • 優しく埋めて

  • ころす・の・よ