e-Project

電子書籍詳細情報

邪魅の雫(2)

京極夏彦 (著)

内容「私は邪魅の雫に吸われてしまったようだ」。江戸川、大磯に続き平塚でも毒殺死体が発見された。犯行に使われた毒物が、特殊なものではないかと考えた青木は京極堂の元を訪ねる。その正体について京極堂は静かに語り始めた。だが、更なる惨劇の幕が落とされる。「人はどうして邪なものの方に魅せられるのか」。

出版講談社

この電子書籍が買えるストア

  • 邪魅の雫(2)

    515

    hontoで購入する

関連書籍

  • 【無料体験版】書楼弔堂 破暁

  • 鉄鼠の檻(2)

  • 魍魎の匣(2)

  • 魍魎の匣(3)