e-Project

電子書籍詳細情報

偶然かしら

日下 圭介

内容

日常の現実は偶然に作用されることが多い……そしは殺人計画も同じである


 もしも、あの時、釣りに行くのを中止しなかったら、もしも、あの時、顔見知りに会わなかったら…。偶然が重なって、一人の男が死んだ。ごく平凡に見えるこの事件に微かな違和感を抱いた刑事がいた。偶然性を扱った画期的な作品「偶然かしら」の他、一幕サスペンスの「歌で死ぬ」写真トリックを使った「仰角の写真」「印画紙の場面」など、9編収録のミステリ短編集。

*偶然かしら
*歌で死ぬ
*透明な糸
*消えない女
*健康のための殺意
*青い百合
*仰角の写真
*印画紙の場面
*長過ぎた一瞬間

●日下圭介(くさか・けいすけ)
1940年和歌山県生まれ。早稲田大学第一商学部卒。1965年朝日新聞社に入社。1975年『蝶たちは今…』で第21回江戸川乱歩賞を受賞。1982年『鶯を呼ぶ少年』『木に登る犬』で日本推理作家協会賞・短編賞を受賞。その後作家活動に専念し、『黄金機関車を狙え』などの近代史ミステリーで新境地を開く。

出版アドレナライズ

この電子書籍が買えるストア

  • 偶然かしら

    -

    Kindleストアで購入する

関連書籍

  • 鶯を呼ぶ少年

  • 名前のない死体

  • 優しく埋めて

  • ころす・の・よ