e-Project

電子書籍詳細情報

食べごしらえ おままごと

石牟礼道子 (著)

内容食べることには憂愁が伴う。猫が青草を噛んで、もどすときのように――父がつくったぶえんずし、獅子舞の口にさしだした鯛の身。土地に根ざした食と四季について、記憶を自在に行き来しながら多彩なことばでつづる豊饒のエッセイ。著者てずからの「食べごしらえ」も口絵に収録。

出版中央公論新社

この電子書籍が買えるストア

  • 食べごしらえ おままごと

    378

    hontoで購入する

  • 食べごしらえ おままごと

    350

    eBookJapanで購入する

  • 食べごしらえおままごと

    367

    Kinoppyで購入する

関連書籍

  • 死を想う

  • 十六夜橋

  • 苦海浄土 わが水俣病