e-Project

電子書籍詳細情報

本当に使えるようになる多変量解析超入門

加藤剛(著)

内容変数が多いデータを分析しようとする場合,まず最初に試してみると便利な方法は“似たものどうしを集めていく”クラスタ分析(グループ分け)です。それによりデータの特徴,グループ間の関係等が見えてきます。本書ではそこから単回帰分析,重回帰分析へと進めていきます。樹形図やグラフを作成するときにはフリーソフト「R」を使います。多変量解析は専門用語が多すぎてそれだけでうんざりしまっていた人も,まずは手を動かして,楽しみながらデータの扱い方が自然に身につきます。1変数の場合の考え方を活かしながら解説しているので,統計学の基礎を復習したい人にもおすすめです。

出版技術評論社

この電子書籍が買えるストア

  • 本当に使えるようになる多変量解析超入門

    1,980

    技術評論社で購入する

  • 知識ゼロでもわかる統計学 本当に使えるようになる多変量解析超入門

    -

    Kindleストアで購入する

関連書籍