e-Project

電子書籍詳細情報

「デフレ脱却」は危ない―アベノミクスに突きつけられるジレンマ

髙橋淳二(著)

内容日本経済を苦しめ続ける元凶として本格的な対策メニューが準備されているデフレ。しかし,デフレは完全なる悪で,日本がデフレであることには何らの「必然性」もないのでしょうか。ほぼ国内資金で賄えているとはいえ,日本には膨大な政府債務(国債)があります。そして国債や物価と対で考えなければならないのが金利です。数パーセントの物価上昇が達成されたときに,日本では何が起きるのでしょうか。デフレ脱却が引き起こす「新種の課題」について掘り下げる,デフレ脱却政策賛成派にも懐疑派にも刺激的な経済オピニオンです。

出版技術評論社

この電子書籍が買えるストア

  • 「デフレ脱却」は危ない―アベノミクスに突きつけられるジレンマ

    1,580

    技術評論社で購入する