e-Project

電子書籍詳細情報

夢を見させて ハマジェンヌ思春小説

碧まりな

内容コミックを読むような感覚で楽しめる小説。
主人公はヨコハマ山手に暮らす15歳の女の子。
だからハマジェンヌ思春小説。

幼稚園時代のちょっと恥ずかしい思い出、幼馴染みの男の子のこと、バレンタインデー、クリスマス、お正月など、さまざまなシーズンエピソードとともに、女の子の成長物語が綴られていく。

中学生・高校生になったハマジェンヌ&橫浜山手マダムの生活スタイルについても、小説のかたちで読めちゃう!


CONTENTS


●Prologue
 キンダーガーデンの樹の上で

 蒼井茉莉花は、橫浜山手に生まれ育った。
 隣家は橫浜では名の知られた海運業一家で、蒼井家に比べると格段に裕福だった。
 だけど経済格差なんか誰も気にしちゃいない!
 両家はそれぞれ三人の子供たちを通じて親しみあい、気持ちの良いつきあいをしていた。
 特に、蒼井家の次女茉莉花と隣の三男坊三太は仲が良く、幼い頃から数々の思い出を共有してきたのだが……。


●Chapter 1
 浅春の「Be My Valentine!」

 茉莉花と三太は中学生になった。三太は茉莉花に異性を感じだした様子。   
 でも茉莉花のほうでは三太を家族同然の幼馴染みとしか思えない。
 茉莉花には、憧れの王子様がいた。
「バレンタインデーにチョコレートを贈りたい!」
 そんな茉莉花の夢を壊すようなことを三太が言う……。


●Chapter 2
 初夏へ向かって 光と風と緑の朝

 茉莉花の母・優美子は家事全般に秀でたエクセレントな主婦。
 同時に、意外にも「策士」なのだった。
 優美子は娘の幸せを願うあまり、隣家の男の子とある取り決めをした。
「うちの茉莉花が悪い男にひっかからないよう、見張ってちょうだい!」
 そうとも知らず、茉莉花は初恋への夢をふくらませているのだが……。


●Chapter 3
 サマーホリデイ ラブ・カクテル初体験

 茉莉花は思春期の入口にさしかかるお年頃。
 だけど晩稲だから、ボーイフレンドをつくるなんて、夢のまた夢。
いっぽう、思春期真っ盛りの姉・桃子はついに理想の男性を見つけ、一夏かけて彼氏を攻略! そしてファーストキスの甘い体験をする……。


●Chapter 4
 ボディに電撃、貧血起こしそう

 桃子は処女喪失の初体験までこぎつける。
 あんなこと、こんなことまでしちゃって、頭はもうクラクラ!
 身体中を電気が走り抜けるような感覚も味わった。
 衝撃の告白をする桃ちゃんだけど、そこまで話しちゃっていいの?
 

●Chapter 5
 深まりゆく秋 罠にかかった子鹿

 茉莉花は、「このひとなら」と心から思える相手でなければ応じてはいけないと姉にきつく言われていたが、さして好きでもないクラスメイトの男子とデートに出かけてしまう。
 その男子はやたらと大人ぶっているし、キザな言動が鼻持ちならない。
 そのうえ、うぶで引っ込み思案な茉莉花をからかって、「ホテルに連れ込んじゃおうかな」などとほのめかす……。


●Chapter 6
 クリスマス&新年カウントダウン

 茉莉花と三太は、幼馴染みから男女の仲へと進展の兆しを見せていた。
 そこで茉莉花の父母は一計を案じ、子供たちを置いて旅行に出かける。
「パパとママがイタリアにいる間に、くっついちゃいなさい!」
 残された茉莉花、桃子、茂夫の三人は、馴れない手つきで自炊する。
「でも、毎日カレーばっかりで飽きちゃったよお!」


●Epilogue
 お正月はお屠蘇で三三九度

 三太は茉莉花が大好き。茉莉花も三太が嫌いじゃない。
 そんなふたりが、年末から年始にかけて急接近。
 昔よくやった「おままごと」のように、お屠蘇で三三九度の真似事をする。
 だけど、茉莉花の伯母さんがパリから戻ってくることになり、一波乱ありそうな予感も……。



【主な登場人物】

蒼井茉莉花(あおい・まりか)
………ちょっと内気で引っ込み思案だけれど、家族同然の幼馴染み・三太がそばについていてくれれば、のびのび振る舞うことができちゃう。
 やがて思春期を迎え、身体はどんどん大きくなっていくけれど、心の成長が追いつかない。
 早くボーイフレンドをつくりたいけれど、桃子おねえちゃんのように積極的になれなくて、ああ、もう、じれったい!

岩井三太(いわい・さんた)
………何でも思ったとおりにしないと気が済まない性格。
 茉莉花と同じ幼稚園、小学校に通い、いつしか茉莉花の面倒をみることが習い性になった。
 中学からは私立校に進学したので、茉莉花と少し距離ができた。
 だけど茉莉花のパパやママに気に入られていて、将来は茉莉花と結婚?

蒼井桃子(あおい・ももこ)
………茉莉花の姉。子供っぽい夢を見がちな茉莉花と違い、現実をしっかりと見つめるタイプ。
 身体も心も女らしくなっていく自分を誇りに思っている。
 理想の恋人を見つけてからは、彼と同じ大学進学を目指して猛勉強。

蒼井裕司(あおい・ゆうじ)
………茉莉花たちのパパ。建築設計デザイナー、愛妻家、愛車はミニ。

蒼井優美子(あおい・ゆみこ)
………茉莉花たちのママ。趣味は茶道、愛車はベスパ。

蒼井茂夫
………茉莉花たちの弟。家族のなかでただひとり、寡黙なタイプ。

下田君(しもだくん)
………茉莉花の同級生。
 王子様タイプの美男子で、勉強もスポーツも音楽も得意。
 しかもお金持ち(お父さんが事業に成功している)。

広瀬逸郎
………桃子の同級生。桃子が見つけた理想の彼氏。

(ヨコ書き)
(約10万字=400字原稿用紙250枚相当)

出版

この電子書籍が買えるストア

  • 夢を見させて ハマジェンヌ思春小説

    -

    Kindleストアで購入する

関連書籍