e-Project

電子書籍詳細情報

女に撮られる男同士のプレイ

浅井圭

内容ファッションモデルで隠れマゾの夏樹と、バイセクシャルの美容師、洋介は恋人未満、肉体関係。

雑誌の仕事で女性カメラマンに裸体を撮られることになった夏樹は、撮影場所のホテルに洋介を誘う。
撮影途中に興奮してしまった夏樹を、洋介はエッチに責め始め……。

★ゲイセックス中心で、女性も絡む3P短編。約2万字です
★異性愛一直線! の人にはおすすめしません。

★登場人物
洋介:40代のワイルド系、バイセクシャルの美容師でサディスト。
夏樹:20代のファッションモデル。受けのマゾヒスト。
亜衣:30代のカメラマン。基本はストレート。ただし男性同士の行為に理解&興味あり

★本文抜粋(撮影中に勃起した、モデルの夏樹をいじめるシーン)
 亜衣はファインダーを覗いたまま迫ってくる。上から、下から写真を撮りまくる。男二人のじゃれ合いを見るのがたまらない様子だ。
「やめてよっ、恥ずかしいからっ」
 そう言いながらも、夏樹のペニスはきっちりと真上を向いているのだ。それどころか桃色の先端にある小さな穴からは、興奮を示す透明な滴がこぼれている。
「夏樹はスケベだな。裸で撮影されただけで、こんなに熱くなってるのか」

★本文抜粋(アヌス指入れで強制放尿)
 洋介は膀胱の裏側を押しながら、反対の手を後ろから回して乳首をつまむ。
「あきぃっ、爪は痛いっ」
「ほら、どうだ。小便をしないなら、ちぎれるまで引っ張ってやろうか」
 乳首に爪を立てて引き延ばす。頭を振って痛みを堪える夏樹。
 その表情を、前に回った亜衣のカメラは逃さない。ハンディストロボの光が、辛そうな顔に浴びせられる。
「乳首から血が出るのと、ケツマンコが裂けるのと、どっちが先だろうな」
 身体の中で洋介は指を暴れさせる。
「洋介さん、鬼畜ですねぇ」
 亜衣が嬉しそうにシャッターを切る。

★本文抜粋(男同士の挿入前、女の愛液を指で塗らせる)
「ううっ、なんていやらしいの」
 亜衣の言葉には、抵抗よりも興奮が混じっていた。
 そして女のオナニーのかたちをとる。右手を脚の間に差し込んだ。
「あん、男の人が二人もいるのに、自分でいじらせるなんて、ひどい」
 口では切なげにしても、指で性器をかき混ぜて、くっちゅ、くっちゅと音を立てるのはただの淫乱女の証明だ。
 抜き取った指は濡れて光っている。そのまま夏樹のアヌスに潤いを運ぶ。
 最初はためらいがちにつついていたが、夏樹の器官が柔らかく開き、指を受け入れることが分かると、亜衣の動きは大胆になった。
「うわぁ、本当に女の子みたい。吸い付いてくるよ、夏樹クン。わたしのエッチな液、もっと欲しいのかな」
「ほら、女汁を塗り付けられる気分はどうだ。嬉しいならケツを振れ」
「あははっ、お尻を振ってるわ。すごい。やらしい。男の子のお尻の穴がこんなに可愛いなんて」

出版

この電子書籍が買えるストア

  • 女に撮られる男同士のプレイ

    -

    Kindleストアで購入する

関連書籍