eBook-1

IT技術書の横断検索サイトeBook-1イーブックワン

プログラマの考え方がおもしろいほど身につく本 問題解決能力を鍛えよう! 5/1/2013

V.Anton Spraul, 角征典, 高木正弘
Amazon紙の本-
達人出版会PDFEPUB2,129

※価格は取得時点での税込み価格です。最新の価格および「-円」の商品の価格はリンク先のストアでご確認ください。

ISBN:
9784048869553
ページ数:
256
カテゴリー:
プログラミング
出版日:
5/1/2013
出版社:
アスキー・メディアワークス

概要 (取得元)

プログラミング言語はわかるのにプログラムが書けない―そんな人のためのプログラムの書き方の入門書です。プログラムを作るときのプログラマの考え方を身につけましょう! 現在のプログラミング教育は、問題解決に関する十分な指針を示していない。プログラマにツールを与えて、プログラムを書かせれば、いつかきっと上手にプログラムを書けるようになるだろう、という前提のプログラミング教育である。これはこれで正しいところもある。しかし、「いつかきっと」は相当先のことだ。入門者が悟りを開くまでの道のりは長く、フラストレーションに満ちあふれている。そして多くの人が、目的地にたどり着くことなく、途中であきらめてしまうのである。 試行錯誤ではなく、もっと体系的な手順で問題解決能力を身につける方法がある。本書の目的はまさにそこだ。本書では、自分の考えをまとめるテクニック・解決方法を発見する手順・特定の問題に適用する戦略などを学ぶことができる。こうした手法を学べば、自分の創造性を解き放つことができる。プログラミングはクリエイティブな活動である。問題解決は特にそうだ。創造性という言葉は神秘的で、その機能をきちんと説明できる人はいない。作曲・執筆・絵画などを学べば、プログラミングの問題も創造的に解決できることがわかるだろう。本書は「何をすべきか」を詳細に説明した本ではない。あなたが持つ問題解決の潜在能力を引き出して、何をすべきかを見つけ出すためのものだ。つまり、あなたをプログラマとしてあるべき姿へと導く本だ。 読者のみなさんには、プログラミングのタスクをこなす体系的な手法を身につけてほしい。そして、与えられた問題を自信を持って解決できるようになってほしい。本書を読み終えれば、プログラマのように考え(think like a programmer)、自分がプログラマであると確信できるようになるだろう。 (「イントロダクション」より)

\ Please Share! /

類似書籍

;