IT技術書の横断検索サイト eBook-1イーブックワン

GitLab実践ガイド (impress top gear) 2018/02/01

北山 晋吾
Amazon 紙の本 2,750円
Amazon Kindle -円
達人出版会 PDF EPUB 2,700円

※価格は取得時点での税込み価格です。最新の価格および「-円」の商品の価格はリンク先のストアでご確認ください。

ISBN:
9784295003038
ページ数:
264
カテゴリー:
コンピュータサイエンス OS プログラミング プログラミング
出版日:
2018/02/01
出版社:
インプレス

概要 (取得元)

DevOpsにおけるバージョン管理、CI/CDの必要性とGitLabの機能・ユースケースの紹介など、最近のITインフラにおける動向を解説するとともに、GitLabのアーキテクチャ、インストール、プロジェクト管理、コードの品質、リリースの管理、デプロイメントといった、一連の流れに沿って、GitLabの活用事例を解説する。GitLab 10.0、CentOS 7.4に対応。

近年、企業における迅速なソフトウェア開発において、DevOpsは必要不可欠な要素として認識されています。しかしその一方で、開発プロセス改善に関連する情報の飽和や、新しい開発支援ツールの乱立により、自社の開発チームにとってどれが最適な解なのかの見極めが難しくなっています。さらに、開発ツール導入後も、ツールやプラットフォームの運用に余計な時間を取られ、本来の目的であるコード開発に時間が割けないエンジニアが後を経ちません。このような開発現場の課題に取り組み、各企業にとって最適な開発スタイルを模索する中で、GitLabが注目を集め始めています。 GitLabは、開発プロセスを支援する機能として、単なるリポジトリ管理だけにとどまらず、リポジトリの更新を起点とした継続的インテグレーションや継続的デプロイメントのジョブ機能や開発プロセス全体の改善サイクルを支援するプラットフォームを提供しています。さらに、組織文化の改革という点においても、GitLabではConversational Developmentという開発スタイルを提唱しており、チーム開発に不可欠なコミュニケーションの効率化を支援しています。これらの機能により、GitLabは、開発者における無駄なオペレーション工数を削減し、開発作業の効率化を実現します。 本書はアプリケーション開発支援ツールであるGitLabの基礎から、実務の開発ワークフローの運用で使える機能までを網羅した実践ガイドです。まずGitLabが目指す開発スタイルを理解し、開発プロセスの改善を実践していただくことを目指しています。そのため、本書では単なるGitリポジトリ利用者に対する機能紹介ではなく、普段の開発プロセスの改善やデプロイオペレーションの効率化を図るために必要な情報を網羅しています。

類似書籍