eBook-1

IT技術書の横断検索サイトeBook-1イーブックワン

できるPower BI データ集計・分析・可視化ノウハウが身に付く本 (できるシリーズ) 12/23/2019

奥田理恵, できるシリーズ編集部
Amazon紙の本2,640
達人出版会PDFEPUB2,904

※価格は取得時点での税込み価格です。最新の価格および「-円」の商品の価格はリンク先のストアでご確認ください。

ISBN:
9784295008033
ページ数:
328
カテゴリー:
インターネット・eビジネス データベース
出版日:
12/23/2019
出版社:
インプレス

概要 (取得元)

本書は、大量のデータを分析して可視化できる「Power BI」の入門書です。Power BIを初めて利用する方でも仕組みや利用方法を無理なくマスターできるよう、準備編と実践編、応用編、共有編の4部で構成しています。 顧客データや売上データ、予算データなど企業内に蓄積されている大量のデータを分析する「BIツール」が注目を集めています。データの分析というと、特殊なスキルや経験を持った専任のユーザーが行うものというイメージがあるかもしれませんが、データ分析に関する特別な知識や知見がなくても扱える「セルフBIツール」の利用が増えています。 中でも、マイクロソフトが提供するPower BIは無料で利用を始められるほか、デスクトップアプリケーションやWebブラウザー、モバイル用のアプリなど、さまざまな機器でデータを確認できます。 第1章では、Power BIの概要や機能、ツールの役割を紹介しています。Power BIには数多くの機能が用意されていますが、第1章から読み進んでいただければ、ツールの役割や機能をしっかり把握できます。 第2章ではWebブラウザーを利用してPower BIサービスにサインインする方法やアプリのインストール方法を解説しています。そして、第3章からはPower BIに用意されているサンプルコンテンツを利用して操作を紹介するので、ダッシュボードやレポートといった機能の使い方をマスターできます。 また、第4章から第6章では、CSVファイルやExcelファイルを読み込んでデータを編集し、レポートを作成する方法を丁寧に解説しました。本書のサンプルファイルを利用すれば、途中のレッスンからでも学ぶことが可能です。応用編と共有編ではデータ接続や更新、レポートを仕上げるテクニック、会社全体で利用するPower BIの有償版についても解説しているので、Power BIについて体系的に理解できるようになっています。

\ Please Share! /

類似書籍

;