IT技術書の横断検索サイト eBook-1イーブックワン

[改訂新版]プログラマのための文字コード技術入門 (WEB+DB PRESS plusシリーズ) 2018/12/28

矢野 啓介
Amazon 紙の本 2,894円
技術評論社 PDF EPUB 2,680円

※価格は取得時点での税込み価格です。最新の価格および「-円」の商品の価格はリンク先のストアでご確認ください。

ISBN:
9784297102913
ページ数:
400
カテゴリー:
プログラミング データベース
出版日:
2018/12/28
出版社:
技術評論社

概要 (取得元)

ソフトウェアエンジニアをおもな対象に,文字コードの基本をまとめた解説書。
本書前半では,「文字」そのものと「文字コード」の歴史を少しずつ解きほぐしながら,文字コードの原理原則,変遷,主要な仕様の要点をはじめとした基礎知識を丁寧に解説。さらに後半では,Unicode/UTF-8/UTF-16,日本の文字コード規格,文字化けのメカニズム,コード変換の基礎,Java,Rubyを例にプログラミング言語における文字コードの扱い,はまりやすい落とし穴とその対処など,広くソフトウェア開発に携わるエンジニアの方々へ,知っておきたい技術情報を厳選してお届けします。
今回の改訂第2版では,初版の骨格はそのままに,9年間の変化を反映して,規格や文字政策,プログラミング言語・API等の最新版に追随するよう,全面的に加筆修正しました。
こんな方におすすめ
ソフトウェアエンジニアの方々
日本語情報処理を扱うアプリケーションの開発者の方々
データフォーマットの設計にかかわる開発者の方々
第2版改訂における,おもな変更点
第2版改訂に伴い,おもに以下の内容の追加・更新を行いました。
2010年の改正常用漢字表に対応
JIS X 0208とJIS X 0213の2012年改正に対応
ISO/IEC 10646のUCS-4の変更に対応
Unicodeに追加された変体仮名の説明
Unicode 11に基づいた説明
本書初版では標準化作業中だったUnicode絵文字を,最新版に基づいた説明に変更
Webブラウザの動作例を2018年時点で使用されているバージョンに更新
紹介するコマンドラインツールを最近よく使われるものに見直し
HTML5の仕様を反映
YAMLとJSONについて記述
JavaおよびRubyの対象バージョンをアップデート
文字化けのよくあるパターンを紹介
Unicodeの標準化異体シーケンス(Standardized Variation Sequence)の説明を追加
WebサイトやメールにおいてUTF-8の使用が増えたことを反映した修正

類似書籍