eBook-1

IT技術書の横断検索サイトeBook-1イーブックワン

たった1秒で仕事が片づくExcel自動化の教科書【増強完全版】 4/13/2020

吉田 拳
Amazon紙の本2,178
技術評論社PDFEPUB1,980

※価格は取得時点での税込み価格です。最新の価格および「-円」の商品の価格はリンク先のストアでご確認ください。

ISBN:
9784297112073
ページ数:
360
カテゴリー:
アプリケーション
出版日:
4/13/2020
出版社:
技術評論社

概要 (取得元)

「5時間かかる作業が3時間でできます」ではなく「1秒で終わらせます」へ―― 作業そのものをゼロにしてしまう“究極の効率化”を実現するExcel VBAのポイントと,毎日の業務を瞬時に終わらせるしくみの作り方をかつてないアプローチで解説した定番書がリニューアル。 大量の書類作成の自動化,イミディエイトウィンドウによる効率的なデバッグなどの話題を追加し,画面をすべてOffice 365+Windows 10に刷新しました。 300社5000人の指導実績に裏打ちされた,実務直結のExcel入門決定版! こんな方におすすめ Excel作業のミスや時間の浪費をゼロにしたい方 RPAを導入する以前のレベルで業務を効率化したい方 著者から一言 『たった1秒で仕事が片づくExcel自動化の教科書』を2016年に出版してから,発行部数7万部という実績をいただき,Excel VBAセミナーや企業向けのVBA開発支援といった数多くの難しい案件を通じて技術を磨いて参りました。その経験を経て,やはり企業の実務現場におけるExcelマクロの活用推進においては,『たった1秒で仕事が片づくExcel自動化の教科書』そして私たち株式会社すごい改善の指導ノウハウが最適解であるという確信を深めて参りました。 一方,業務の自動化においては「RPA(Robotic Process Automation)」という言葉も随分普及してきました。このRPAも,適正に導入,運用ができれば,業務効率化に有用ですが,私はいつも次のように申し上げています。 「RPAの前にVBAを」 要は,自動化や効率化の取り組みは「小さく始める」ことが大切ということです。最初はほんの小さな1ステップから始める,「スモールスタート」と呼ばれる考え方です。いきなり最初から立派な,完璧なものを組みあげようとすると,大変になります。 別途費用がかかるRPAを導入するまでもなく,いますでにあるExcelとVBAだけでできてしまうことは多々あります。もちろん,規模感によってはRPAなどのシステムを導入したほうがうまくいくケースもありますが,そのような場合においても,まずはExcelとVBAで「モックアップ」「プロトタイプ」と呼ばれる試作品を作ってみることで,よりRPAやシステムの導入,開発がスムーズになるというメリットもあります。 また,RPAは「プログラミング不要」と言われることがありますが,業務に自動化においては「変数」や「繰り返し」,「条件分岐」といったExcel VBAの基礎概念が多いに役に立ちます。事実,「だれでも組める」と言われて導入したRPAで自動化に取り組もうとしたところ,「変数」の概念がわからずに挫折した……というエピソードがネットを賑わせたこともありました。 Excel,マクロ,RPA,システムと,さまざまな選択肢がありますが,ことExcelの自動化については,まずVBAによるプログラミングを学ぶことからスタートするのをおすすめします。今回の改訂版では,初回版では収録できなかった「シートの追加・削除の連続処理」,そしてVBA開発において大変便利な「イミディエイトウィンドウ」の解説を追加しました。 引き続き本書が,日本のExcelユーザーの生産性向上,そしてVBA活用スキルの普及と底上げに寄与できることを願っております。

Please Share!

類似書籍

;