eBook-1

IT技術書の横断検索サイトeBook-1イーブックワン

音声UX 〜ことばをデザインするための111の法則 1/9/2021

安藤 幸央
Amazon紙の本2,948
技術評論社PDFEPUB2,680

※価格は取得時点での税込み価格です。最新の価格および「-円」の商品の価格はリンク先のストアでご確認ください。

ISBN:
9784297117931
ページ数:
272
カテゴリー:
プログラミング
出版日:
1/9/2021
出版社:
技術評論社

概要 (取得元)

Amazon EchoやGoogle Homeなどのスマートスピーカーの登場で,音声によるユーザーインタフェースを利用する機会が広まってきました。長い年月をかけて操作性の工夫が積み重ねられてきたGUI(グラフィックユーザーインタフェース)と違い,VUI(ボイスユーザーインタフェース)は,一般的に利用されるようになってからの月日がまだまだ浅いため,いざ,VUIを利用したサービスを提供するとなると,どのようにサービスを構築すればよいのか,注意すべき点はどこにあるのか,テストはどのように行えばよいのか,など,考えるべきことは多数出てくる一方で,まとまった情報がまだまだ限られるのが現状です。 音声を介したサービスやシステムは,GUI以上に直接的にユーザーにその結果が体験として伝わるため,音声インタフェース,音声ユーザーエクスペリエンス(UX)は,その活用の仕方が,提供するサービスやシステムの成否を握るとも言えます。本書では,音声によるUXを実現するために知っておくべき考え方,注意すべきポイント,サービス構築の前に考えておくべきことなどをわかりやすく,111のエッセイで解説していきます。 こんな方におすすめ これから音声サービスの企画,開発,デザインを担当する人,現在音声サービスを展開している人。デザイナー,エンジニア,マーケッター ・現在スマートフォンアプリや,Webのサービスを展開している人。企画,開発,デザインなどのデザイナー,エンジニア,マーケッター

Please Share!

類似書籍

;