IT技術書の横断検索サイト eBook-1イーブックワン

「非常識」な組織づくりが会社を強くする―管理・査定をなくしてこそ、人は育つ!ベンチャーの旗手、川合アユムの異端の経営哲学 2003/07/01

谷間 真
Amazon 紙の本 -円

※価格は取得時点での税込み価格です。最新の価格および「-円」の商品の価格はリンク先のストアでご確認ください。

ISBN:
9784408105468
ページ数:
205
カテゴリー:
出版日:
2003/07/01
出版社:
実業之日本社

概要 (取得元)

   評価や査定はなし、社員の給料は公開、役員は立候補制、トップは権限を手放して社員がプロジェクト単位で主体的に会社を運営する――。本書は、こうした「非常識」な組織・人事制度で話題のベンチャー企業イーディーコントライブと、同社の川合アユム社長の経営哲学を読み解いた1冊である。
   似たものに成果主義や参加型経営、事業部制なども思い浮かぶが、同社の根底には、必要なプロジェクトを社員の提案で決めたり、社員が自ら各プロジェクトと雇用契約を結んだりといった「個人の自発的意志に基づくシステム」があるという。この「PD制度」で同社は急成長し、東証マザーズへの上場も果たしている。
   本書によれば、この異例の経営が生まれた背景には、会社組織に対する川合社長の次のような問いかけがあったという。「会社のために」といって社員を命令に従わせていいのか、組織の目的が社会貢献から組織維持や利潤追求に変質しているのではないか、企業活動が環境を破壊しているのではないか…。
   ナイーブだとしてよく切り捨てられがちなこうした問いを、妥協せずに突き詰めていく川合社長のエピソードは圧巻である。経営の合理性や経済効率、組織の論理よりも、個人の倫理を貫くことが問題解決を導いたこのケースは痛快でもある。
   実際に同社では、PD制度によって「縦割り」の弊害の解消や、柔軟な働き方の実現、「失敗を許容する」仕組みによるアイデアの創出などのメリットが生まれているという。「20世紀型」の企業組織が行き詰まるなか、それを個の自発性や倫理、支援、利他の精神といったコンセプトで克服しようとする試みが盛んであるが、それらを集約した次代の経営モデルを早々に見せられたような驚きがここにある。(棚上 勉)

類似書籍