IT技術書の横断検索サイト eBook-1イーブックワン

COBOLポケットリファレンス 2012/06/07

細島 一司
Amazon 紙の本 3,002円
技術評論社 PDF 2,780円

※価格は取得時点での税込み価格です。最新の価格および「-円」の商品の価格はリンク先のストアでご確認ください。

ISBN:
9784774151359
ページ数:
464
カテゴリー:
プログラミング
出版日:
2012/06/07
出版社:
技術評論社

概要 (取得元)

ロングセラーシリーズ・ポケットリファレンスにCOBOLが新登場。「こうしたい」という目的から逆引き形式ですぐ探せて,サンプルコードを見ながら具体的な実装のイメージがつかめます。さらに
「エンディアンによる誤動作にどう対処するか」
「移植のポイントは」
「システム部門が考慮しなければいけないこと」
など,実践的なTipsも収録。COBOL処理系の開発・研究・教育・ソフトウェア開発支援システム・コンサルテーションに従事し,情報処理学会情報規格調査会COBOL作業委員会に所属していた著者による,現場で役立つ1冊です。
こんな方におすすめ
COBOLシステムをメンテナンスする方
COBOLプログラマ
レガシーシステムの移行プロジェクトに携わる方
著者から一言
COBOLとは,COmmon Business Oriented Language(事務用共通言語)の略であり,CODASYLによって1959年12月に開発されました。基幹アプリケーションのなかでも,金融系や製造系でまだまだ活躍している言語が「COBOL言語」です。
現時点または将来的な新規開発システムにCOBOLアプリケーションは多くはないでしょうが,既存システムでは数多く動作しています。当時開発しておられた技術者のみなさんは退職期をむかえ,若い技術者がレガシーCOBOLシステムのメンテナンスやリプレイスをしなければならない時代になってきました。
システムはすぐに切り替えられるものではありません。だましだまし,拡張や修正を繰り返すことでしょう。そのとき,社内に聞く人もいない,マニュアルを読んでもわからないとなれば,お手上げです。
本書は,「こういうときはどうすればいいのかな?」「どうやってコーディングするの?」「もっと便利な機能はないの?」などの“現場で困ったときの一冊”です(現在稼動しているCOBOLアプリケーションを考慮し,言語規格として第3次規格で執筆しています)。
もちろん,これからCOBOLを学習してみようという方,「基本は入門書でひととおり学んだけれど,書き方などをとっさに調べたい」方にも,「へぇ~COBOLって使えそうだ!」と感じていただける内容です。
また,COBOL言語の他に,C言語やVBとの連携,データベースやJCLなどの業務に密接したリファレンスも兼ね備えています。会社に一冊,プロジェクトに一冊,個人に一冊,お手元に携帯していただければ幸いです。

類似書籍