eBook-1

IT技術書の横断検索サイトeBook-1イーブックワン

VMwareの基本 ~仮想化のための設計・構築・運用のポイントがわかる 1/8/2014

中島 淳之介, 小原 光弥, 豊原 啓治
Amazon紙の本-
AmazonKindle-
技術評論社PDFEPUB2,480

※価格は取得時点での税込み価格です。最新の価格および「-円」の商品の価格はリンク先のストアでご確認ください。

ISBN:
9784774162386
ページ数:
256
カテゴリー:
OS ネットワーク
出版日:
1/8/2014
出版社:
技術評論社

概要 (取得元)

クラウド時代にはもはや欠かせない仮想化技術のトップシェアを誇るVMwareのいちばんやさしい入門書。 VMware社のエンジニアが,設計・構築・運用まで,現場で考えるべきこと,実践すべきことをコンパクトに凝縮しました。 新バージョンであるvSphere 5.5に対応。VMwareのマスターはこの1冊から! こんな方におすすめ VMwareを利用するうえで気をつけるべきことをできるだけかんたんにおさえたい方 仮想化技術を導入するにあたって,できること・VMwareの特徴を把握したい方 vSphere5.5の新しい機能や違いを知りたい方 社内クラウド,仮想化統合基盤の構築を検討する方 著者から一言 最近,「仮想化」があたりまえのようになってきました。仮想化という言葉を聞けば,どういったもので,どのようなしくみで動いているものなのかをイメージできる方も多いのではないでしょうか。 しかし,周囲の人に仮想化を理解してもらうことにつまづいている方もいるかもしれません。また,具体的に設計に落とし込もうとした時,世の中の情報を探しても機能の説明があるだけで,それらを実際にどう活用して,設計にどのように落としこんでいけばよいかをイメージできなかったりしていませんか。 そこで本書では,我々が常日頃経験している「陥りやすいシーン」と合わせながら,仮想化を導入するためのステップを網羅しました。そのため,世の中の「仮想化」という言葉の周りには見えない,検討段階から導入・運用,そして仮想化の先の姿が,皆様の状況にあわせてイメージできるようになっています。仮想化を導入するために何をすべきかをリアルに感じてもらうために,仮想化ソフトウェアメーカで実務に携わる我々の日々の豊富な経験を元に,ポイントをまとめました。 現在,検討や導入のスタートラインに立っている方は,これからどうすればよいのかを明確にすることができると思いますし,すでに仮想化を導入されている方には,今の環境を見直すよいきっかけになるはずです。 そういった皆様にとって,本書がお役に立てれば幸いです。

Please Share!

類似書籍

;