IT技術書の横断検索サイト eBook-1イーブックワン

Windows8 開発ポケットリファレンス 2014/02/19

WINGSプロジェクト, 阿佐 志保, 森島 政人, 飯島 聡, 土井 毅, 花田 善仁, 山田 祥寛 監修
Amazon 紙の本 3,110円
技術評論社 PDF 2,880円

※価格は取得時点での税込み価格です。最新の価格および「-円」の商品の価格はリンク先のストアでご確認ください。

ISBN:
9784774162966
ページ数:
496
カテゴリー:
OS プログラミング
出版日:
2014/02/19
出版社:
技術評論社

概要 (取得元)

ロングセラーシリーズ・ポケットリファレンスにWindows 8 APIが新登場。
「逆引き形式で目的からすぐ探せる」
「サンプルコードを見ながら具体的な実装のイメージがつかめる」
という特徴で,困ったときにすぐに役立ちます。
多くの変更があったWindows 8.1に対応した,現場で役立つ信頼の1冊です。
こんな方におすすめ
Windows 8/8.1のアプリ開発者
著者から一言
Windowsストアアプリとは,Windows 8以降でサポートされた新たな形態のWindowsアプリです。タッチパネル環境に最適化され(タッチファースト),専用のアプリストアで配布されるなど,これまでの(いわゆる)デスクトップアプリとは雰囲気も操作感もガラリと変化しています。まさに,スマートフォン/タブレットに代表される新時代の環境に対応したアプリと言えるでしょう。
もっとも,新たなプラットフォーム上でアプリの魅力を引き出すためには,開発者の側も変わらなければなりません。端的には,Windowsストアアプリ対応の新たなAPIであるWinRTを理解する必要があります。ざっくりと言ってしまうならば,WinRTの大きな特徴は,タッチ操作に対応したUI部品が提供される点,多くのクラスで非同期呼び出しのメソッドを提供している点です。これによって,タッチパネル環境に最適化され,しかも,ユーザーを待たせない(=体感速度に優れた)アプリを,手軽に開発できるのです。
新しいAPI,とは言っても,身構える必要はありません。WinRTは,従来の.NET Frameworkともよく似ていますし,なんといっても,ストアアプリ開発に必要な機能セットに限定されているため,その構成はシンプルです。これまでWPFやSilverlightなどで開発した経験がある人であれば,ごく直感的に理解できますし,新たに学ぶ人にとっても学習のハードルは高くありません。まずはとにかく触れてみること,です!
本書では,このようなWinRT(Windowsストアアプリ)の機能について,よく利用するであろう機能を厳選して,逆引きリファレンスの形式で紹介する書籍です。執筆にあたっては,さまざまなストアアプリの機能に,できるだけ目的から辿りつきやすいように心がけました。ストアアプリ開発にあたって,本書が座右の一冊となれば幸いです。

類似書籍