IT技術書の横断検索サイト eBook-1イーブックワン

人工知能に哲学を教えたら (SB新書) 2018/09/06

岡本 裕一朗
Amazon 紙の本 886円
Amazon Kindle -円

※価格は取得時点での税込み価格です。最新の価格および「-円」の商品の価格はリンク先のストアでご確認ください。

ISBN:
9784797392616
ページ数:
256
カテゴリー:
コンピュータサイエンス
出版日:
2018/09/06
出版社:
SBクリエイティブ

概要 (取得元)


AI×哲学2000年史がサクッとわかる!


「使える哲学」とはなにか?
AIロボット、ドローン、自動運転。シンギュラリティの恐怖も叫ばれる中、いよいよ活気づいてきた人工知能の世界。アメリカではすでにUberによるタクシーの自動運転が実践化されているといいます。しかし、一方でAIが紛争や殺人に使われる懸念があるなど、モラルや倫理が追いついていない状況に見えます。
果たして、「合理的で」「最適な」答えを出す、人工知能にどうすれば「考え方」を与えられるのか。

本書では、哲学だけでなく、テクノロジーやITまで幅広い分野に造詣の深い岡本先生に、「人工知能に哲学を教える」という設定のもと、「究極な問い」を立てながら、哲学はそれにどうこたえるか…の考え方を提示いただきます。話題の人工知能と哲学を掛け合わせることで、「哲学のおもしろさ」を味わってもらう1冊を目指します。

●目次
はじめに AI vs 哲学者
プロローグ 人工知能は「考える」ことができる?
第1章 AI vs 正義 人工知能に倫理を教えられるか
1 自動運転車が抱えた大問題
2 人工知能は善悪の判断ができるか?
3 人間中心主義は正しいか?
4 フレーム問題と倫理
第2章 AI vs 脳 人工知能にとって「認知」とは何か?
1 「ディープ・ラーニング」とは何か?
2 「これが犬だよ」(直示的定義)の難しさ
3 ライプニッツの人工知能
第3章 AI vs 芸術家 人工知能はアートを理解できるか?
1 芸術作品を生み出す
2 人工知能が美人投票の審査員になった!?
3 芸術作品を審査できるか
第4章 AI vs 恋愛 人工知能にとって幸福とは何か?
1 人間にとっての幸福とは?
2 人工知能に幸福はあるか?
3 人間と人工知能の共生は幸福か?
第5章 AI vs 労働者 ロボットは仕事を奪うか?
1 「人工知能失業論」の欺瞞
2 「人間 vs 人工知能」の構図にだまされるな
3 人間は人工知能の奴隷か、主人か?
第6章 AI vs 宗教 人工知能は「神」になるか?
1 人工知能が神になる?
2 人工知能は神を信じるか?
3 メディア化する宗教
第7章 AI vs 遺伝子 人工知能は人類を滅ぼすか?
1 「シンギュラリティ」は来るか?
2 人間と人工知能の戦争?
3 人間主義(ヒューマニズム)の終わり
おわりに サイボーグ兵士からトランセンデンスへ

類似書籍