eBook-1

IT技術書の横断検索サイトeBook-1イーブックワン

Windows 8.1 パソコンお引越しガイド 8/7/Vista/XP対応 11/21/2013

井村克也
Amazon紙の本1,598
AmazonKindle-

※価格は取得時点での税込み価格です。最新の価格および「-円」の商品の価格はリンク先のストアでご確認ください。

ISBN:
9784800710178
ページ数:
184
カテゴリー:
パソコン・周辺機器 OS
出版日:
11/21/2013
出版社:
ソーテック社

概要 (取得元)

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。 また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。 なお、実際のサービスのインターフェースが変更され、本書内の解説と実際の画面が異なることがありますので、ご了承ください。 Windows 8がリリースされて1年。早くも次期バージョンであるWindows 8.1が登場しました。前回ほどの大きな変化はありませんが、こまかな部分が改良され、使い勝手はよくなっています。 使い勝手はよくなったのはよいのですが、お引越しという観点からは「面倒になった」としか言いようがないのが正直なところです。大きな理由に標準ツールである「Windows転送ツール」の機能がデータの転送に限定され、各種設定がサポートされていないことにあります。さらに利用できるWindowsのバージョンがWindows 7/8に限定され、いまだに多くのユーザーのいるXP/Vistaが対象外となったことです。 「Windows転送ツール」だけでなく、PCのアップグレードに関してもXP/Vistaは対象外となりました。そのため、現在使用しているXP/VistaからWindows 8.1にアップグレードするには、新規インストールが必要となります。また、Windows 7をアップグレードでも、データは引き継がれますが、インストールしたアプリケーションは引き継がれないので、アプリケーションの再インストールが必要になり、お引越しにはかなりの作業量となります。 ただしWindows 8.1は、Windows 8から無償アップグレードできるというメリットもあります。このメリットを活かして、旧パソコンをアップグレードするには、一度Windows 8にアップグレードしてからWindows 8.1にアップグレードするという2つのステップを踏むという方法も考えられます。 このような理由もあり、本書ではWindows 8.1へのアップグレードだけでなく、Windows 8へのアップグレードの方法も掲載してあります。 新しくWindows 8.1パソコンを購入した場合、XP/Vistaからは手作業でのお引越し作業が必要になります。本書ではデータに加えて、電子メールやインターネット(Webブラウザ)の手作業によるお引越しの方法を掲載しています。 「いかにして、確実でかつ簡単に、古いパソコンからWindows 8/8.1にデータや作業環境をお引越しするか」これが本書のテーマです。一般的なパソコンユーザーが簡単にデータをお引越しするためには、何を用意して、どのような手順で、どう操作したらいいのかを説明しています。 本書「はじめに」より

Please Share!

類似書籍

;