eBook-1

IT技術書の横断検索サイトeBook-1イーブックワン

作ろう! CPU ~基礎から理解するコンピューターのしくみ~ 8/28/2020

上原 周
Amazon紙の本3,828
マイナビ出版PDF3,828

※価格は取得時点での税込み価格です。最新の価格および「-円」の商品の価格はリンク先のストアでご確認ください。

ISBN:
9784839968519
ページ数:
208
カテゴリー:
コンピュータサイエンス
出版日:
8/28/2020
出版社:
マイナビ出版

概要 (取得元)

69行のソースコードで設計する、超単純な4bit CPU ・1章までの試し読みをこちらにて配布中。 ・本書の「色の違いが分かりづらい」方のために「色違いバージョン」のPDFデータを提供します。詳しくは以下のサイトをご覧ください。 book.mynavi.jp/pcbook/blog/detail/id=119121 [作ってはじめてわかるCPUのしくみと動き] 小学校で習ったことのある回路図から出発。計算のかわりに回路図に「矢印を描く」という方法で電気を理解します。ひたすら矢印を描くうちに、CPUのしくみが理解できるようになります。 そして「ハードウェア記述言語」を使ってCPUを完成させます。記述コードはパソコン上のシミュレーターで動かすことができますがFPGA評価ボードがあれば作った回路を実際に動かすことができます。 本書はCPUの正体について説明し、さらにその周囲のモジュールとの関係性についても説明します。そうしてコンピューター全体の回路を見通しよく整理できるようになります。物理と情報科学のギャップを埋めることが、本書の真の目的です。 読者の皆様の頭の中で、学校で習った豆電球の回路図と情報処理装置としてのCPUが繋がっていれば嬉しく思います。 学生・エンジニアに向けたコンピューターのしくみの解説書。 0章 はじめに Part 1 回路の基礎 1章 電池と抵抗の論理回路 2章 トランジスタと論理ゲート 3章 ゲートの回路 4章 ハードウェア記述言語 Part 2 CPUの材料 5章 組合回路 6章 真理値表のコーディング 7章 Dフリップフロップ 8章 状態遷移の一般論 Part 3 CPUを作る 9章 LEDチカチカ回路 10章 1bitのコンピューター 11章 多重ワイヤー 12章 TD4 Part 4 TD4の先へ 13章 コードの抽象化 14章 高度なトピック 付録 力学系としての論理回路

Please Share!

類似書籍

;