eBook-1

IT技術書の横断検索サイトeBook-1イーブックワン

初歩からわかるAndroid最新プログラミング 増補改訂版 12/19/2013

柴田 文彦, 川口 仁
Amazon紙の本-
AmazonKindle2,724
達人出版会PDF2,995

※価格は取得時点での税込み価格です。最新の価格および「-円」の商品の価格はリンク先のストアでご確認ください。

ISBN:
9784844335191
ページ数:
512
カテゴリー:
プログラミング モバイル・タブレット
出版日:
12/19/2013
出版社:
インプレス

概要 (取得元)

2011年にamazon.co.jpで最も売れた(Best Books of 2011 コンピュータ書部門 第6位)Androidの開発本『初歩からわかるAndroid最新プログラミング」の改訂版がいよいよ登場! 話題の最新バージョンAndroid 4.4(KitKat)にも対応。 本書は、長らくアップデートが途絶えていた「初歩からわかるAndroid最新プログラミング」を土台にし、最新のAndroidプログラミング環境に適合するための改訂と加筆、大幅な書き換えを施したものです。特に1〜2章の開発ツールに関する部分は、執筆時点での最新のバージョン、Android4.4 KitKatの登場を踏まえて解説しています。3章で扱うAndroidアプリケーション開発についての基礎部分は、Androidのバージョンにそれほど影響を受けない、比較的普遍的な内容を取り上げています。それでも、最新バージョンと不整合が生じないように、適宜改訂しています。4章以降の本格的なアプリケーションプログラミングの実習部分は、必ずしも最新バージョンに特有の内容を扱っているわけではありませんが、最新バージョンのSDKでビルドでき、最新のプラットフォーム上で動作が可能なことを確認しています。 Androidは、現在地球上で開発が進んでいるアプリケーションプログラミング環境の中で、最も進化の速度が速いものの1つです。そしてその速度は、近年ますます加速される傾向にあります。ほとんど半年か数カ月に1度、比較的大きなバージョンの改訂が加えられています。これは、ほぼ1年に1度、大きなアップデートを繰り返すライバルのiOSよりも速いペースとなっています。それに加えてAndroid開発ツールのアップデートは、SDKの大きな変更に合わせ、あるいはそれとは独立して、これも急ピッチで進行しています。さらに、2013年のGoogle I/Oでは、これまでのEclipseベースのものとは異なる新たなアプリケーション開発環境「Android Studio」も発表されました。これも正式バージョンに向けて急速に進化を続けています。なお本書では、このAndroid Studioについても、可能な限り最新の情報に基づいて、インストール方法、使い方を一通り解説しています。 こうした開発環境の変化は、アプリケーションに新たな機能を提供し、プラットフォームとしてのAndroidの可能性を拡張し続けています。これは開発者にとっても、新たなチャンスを切り開くきっかけを、常に提示し続けてくれるものでしょう。ただその一方で、常に最新の情報を把握し、新しい機能を使いこなすための技術を身に付けていくのは容易なことではありません。特にこれからAndroidアプリケーションの開発を始めようという人は、最新情報だけを追い求めていると、いつまでも地に足がつかない状態が続き、基礎的な部分の習得がおぼつかないということにもなりかねません。本書は、最新情報に目を向けつつも、基礎をおろそかにせず、Androidアプリケーション開発にとって重要なスキルを段階的に身につけられるように構成しています。本書が、Androidアプリケーションのプログラミングの世界踏み入れるための最初の道案内として、そしてそこからさらに先に進むための礎として、読者の役に立つことを願っています。 (「はじめに」より)

\ Please Share! /

類似書籍

;