eBook-1

IT技術書の横断検索サイトeBook-1イーブックワン

Pythonではじめる教師なし学習 ―機械学習の可能性を広げるラベルなしデータの利用 4/13/2020

Ankur A. Patel, 中田 秀基
Amazon紙の本3,960
オライリーPDF3,168

※価格は取得時点での税込み価格です。最新の価格および「-円」の商品の価格はリンク先のストアでご確認ください。

ISBN:
9784873119106
ページ数:
344
カテゴリー:
コンピュータサイエンス プログラミング 入門書
出版日:
4/13/2020
出版社:
オライリージャパン

概要 (取得元)

教師なし学習はラベル付けされていないデータから学習する機械学習の一種です。現在の機械学習では大量のラベル付きのデータを用いる教師あり学習が主流ですが、ラベルを付けるには膨大なコストがかかります。現実世界に機械学習を適用していくためには、ラベル付けを必要としない教師なし学習の重要性が増してくると考えられます。本書は実践的な視点から、データにある隠れたパターンを特定し、異常検出や特徴量抽出・選択を行う方法を紹介します。ラベルなしデータを有効に利用することで、機械学習の可能性を各段に広げる教師なし学習の本質に迫ります。さらに、変分オートエンコーダ(VAE)や敵対的生成ネットワーク(GAN)、制限付きボルツマンマシン(RBM)などの生成モデルも紹介します。

\ Please Share! /

類似書籍

;