eBook-1

IT技術書の横断検索サイトeBook-1イーブックワン

Googleのソフトウェアエンジニアリング ―持続可能なプログラミングを支える技術、文化、プロセス 11/29/2021

竹辺 靖昭, Titus Winters, Tom Manshreck, Hyrum Wright, 久富木 隆一
Amazon紙の本4,840
オライリーPDFEPUB3,872

※価格は取得時点での税込み価格です。最新の価格および「-円」の商品の価格はリンク先のストアでご確認ください。

ISBN:
9784873119656
ページ数:
684
カテゴリー:
コンピュータサイエンス プログラミング
出版日:
11/29/2021
出版社:
オライリージャパン

概要 (取得元)

Googleの現役ソフトウェアエンジニアたちが、超大規模ソフトウェアの開発と保守を長期的に支えてきたGoogle社内の多様なベストプラクティスを、文化、プロセス、ツールの側面からこの一冊に凝縮。時間と変化、規模と成長、トレードオフとコストという3つの基本原理に沿って、コードを持続可能にする方法論を紐解きます。「謙虚、尊敬、信頼」、心理的安全性、ダイバーシティとインクルージョンなど公正を重んじる文化から、コードレビューやテスト構成法など人間の行動を規定するプロセス、継続的インテグレーションや大規模変更システムなど変化への対応を支援する自動化ツールの基盤技術まで、Googleが試行錯誤を経て獲得した教訓を余すところなく紹介しています。経済学、心理学、マネジメント論などを背景にした人間への深い洞察をふまえ、データ駆動かつトレードオフから導かれる、定量的かつ定性的な決定プロセスも解説。Googleの成長力の源泉を理解でき、得られる知見は、学生から組織の意思決定者、小規模スタートアップからデジタルトランスフォーメーション(DX)を目指す大企業まで、幅広く活用できます。

\ Please Share! /

類似書籍

;